アティックのミッション

「確証バイアス」という言葉をご存知でしょうか?

「確証バイアス」とは、先入観や思い込みにより都合の良い情報だけを取り入れてしまう行動のことを言います。また都合の悪い結果となりそうな情報収集を行わない、向かい合わないといったことも「確証バイアス」です。

新商品開発を手がける企業の開発担当者の方や経営者の方は、こういった先入観や思い込みを排除しながら各プロセスを進めておられることでしょう。
しかしながら人間は感情的な動物ですから、「確証バイアス」を完全に吹っ切ることはなかなか難しいものです。ひらめいたアイデアに自信と愛着がありますし、またせっかくのひらめきが価値のないものだとわかることが恐いという思いから、都合のいい非合理的な検証方法に偏ったり、検証せずにエイヤッでやってしまう、といったこともあるかも知れません。このような判断ミスで貴重なリソースをスポイルしてしまった経験がある方も多いのではないでしょうか。

こういった行動を第三者が見るとすぐに「確証バイアス」に陥っていると見抜くことができます。経営者、開発責任者の方は、はやる気持ちを抑え、ローンチ前に、できればアジャイル開発の評価工程の一つとして、忌憚ない外部の意見を聞いてみることが重要です。

当社はお客様の失敗しない新商品開発のため、「売れるに違いない」「うまくいくに違いない」といった思い込みによる危険な判断には軌道修正のための一旦停止を促して改善策を提案し、また市場投入の価値がある新商品開発に対しては戦略提案をもって背中を押す、「お墨付き」と言っては言い過ぎかも知れませんが、お客様の正しいローンチ判断のためのブレインとなることを目指します。

アティック株式会社
代表取締役 木戸英夫