テストマーケティングとは
第三者評価による商品力チェック
展示会&意見収集
試食・試飲会&意見収集

テストマーケティングとは?

多数派の円グラフ

新商品の市場投入本番の前に、特定の手法でコンパクトなマーケティングを実施して現状の「商品力」を把握し、市場投入の最終判断や、商品力のレベルに合わせた生産計画、」マーケティング計画の調整などを行う重要なチェックプロセスです。

これを怠ると、過剰生産、過剰在庫をしてしまったり、売れない商品に多額の広告宣伝費をかけて貴重な資金をスポイルしてしまう可能性があります。

また、「商品力」がないのに誇張した表現で宣伝したり過剰な集客方法で無理矢理にユーザーを獲得しても、騙された感を持たれ企業イメージがダウンしてしまいます。

新商品開発はPDCAサイクルをしっかりと回して、「商品力」を持たせることが肝要です。

コンパクトで的確な独自手法で実施

テストマーケティングは、何らかの方法で市場の声を探ることになります。テスト販売や消費者アンケートを実施することが一般的ですが、これには相当のコストと時間がかかります。

当社では、できるだけコンパクトでしかも的確な市場反応を測定するため、販売窓口となる卸や販社等のバイヤーと、市場動向に敏感なマーケターといったプロによる評価者からのフィードバックを解析して市場反応推測を行う独自手法を採用しています。

この手法により、消費者アンケート実施と比べこのような有利な点があります。
圧倒的に低コスト
圧倒的に短期間
市場動向に敏感でユーザー目線のプロが回答するため、的確な市場推測ができる
報酬目的の回答がなく、好み等の感情も排除した純粋な意見を収集できる

テストマーケティング実施の3つのタイミング

1.試作品が完成したとき

一般的なテストマーケティングは、商品開発が煮詰まり完成度の高い試作品の提供が可能となった段階で実施します。

2.プレスリリース直後

プレスリリースを発信した直後でもテストマーケティングは非常に有効です。プレスリリースの発信は、主に報道関係へのPRのために行いますが、プレスリリースと同時にいきなり在庫蓄積や本番マーケティングやに移行せず、まずはテストマーケティングを実施してその「商品力」を試し、過剰生産や売れない商品の広告出費を回避しなければなりません。

3.開発の工程ごとの終了時

もう一つのタイミングは、開発途中の各工程終了時です。
ソフトウェア開発の業界では、工程ごとの開発・検証・修正をセットにしたコンパクトな進行を繰り返す「アジャイル開発」手法が用いられます。開発全体の最終時点で総括的な検証を行うよりも、工程内で検証する方が方針や設計の修正が発生した場合でも迅速に対応できるため効率が良いとされています。
新商品開発においても同様に、工程ごとに検証と修正を行う方がコンパクトな作業で済み全体コスト的にも有利となります。
【適用例】
・商品企画部門
・デザイン部門
・マーケティング部門
・経営部門

工程ごとでの実施の場合は商品の告知ができませんので、下記「プラン(2)第三者評価による商品力チェック」を適用します。
当社では、秘匿義務を約束する特定の評価者を多数確保しており、このようなアジャイル開発の各工程でも安心してテストマーケティングを実施していただくことができます。